画像

  • HOME
  • 車検
  • 車検入庫事例9 キューブ

神川町 車検 キューブの事例

 日産 キューブ
平成16年式 
100,000キロ 
埼玉県児玉郡上里町在住 S様

100,000キロ越えしている車です。このくらいの走行距離になってくると、いつも以上に気合いをいれて点検整備をしなければなりません。

 リアライニング交換

左が残量のないライニング、右が新品ライニング。ブレーキ・ライニングが磨耗して無くなってしまうと、ブレーキ・シューの金属部分とブレーキ・ドラムが直接接触して、ブレーキ・ドラムに損傷を与えてしまいます。このような状態では、ブレーキの効きも不安定になり、非常に危険です。

 スパークプラグ交換

右はこれまでついていた白金プラグ、左は新品イリジウムプラグです。一目瞭然です。イリジウム合金の中心電極と接地電極の隙間が大きく空いてしまい火花が上手く飛ばなくなってしまいます。またこの状態で使い続けるとガソリン火花なしで燃える『プレイグニション』を起こします。燃焼室内にあるカーボンなどが火種となったりして、結果的にスパークプラグによる点火よりも早く自然燃焼を起こしてしまう現象です。これは必要以上にシリンダー内温度を上昇させ、正規爆発ではないため回転も不調になります。

 エアコンフィルター交換

やはりエアコンフィルターは、1年又は10,000キロに1度の交換は必要ですね。

車検のお見積りはこちら >>

お電話でのお問合せ
0274-52-3361

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0274-52-3361
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!