画像
車検入庫事例42 マーチ

  • HOME
  • 車検
  • 車検入庫事例42 マーチ

title

神川町 車検 マーチの事例

日産 マーチ 平成9年式走行距離 160,000キロ埼玉県児玉郡神川町在住 Y様

 日産 マーチ 平成9年式
走行距離 160,000キロ
埼玉県児玉郡神川町在住 Y様

一年前に『うちの車、車検してくれ』と来店していただいて、こちらは勿論車検は、一年後で乗用車は、2年に1回というこをお教えすると『それは、ラッキーだな。』とおっしゃって帰っていた面白いお客様。その時から、外見パッと見てもかなり傷んでいるとは思ったので12カ月点検をお勧めしたのですが、車検じゃなければやらなくてもいいということで、かなりお車そのものの心配はしていたのですが、なんの事故・故障等もなく車検として入庫してきていただいたので安心しました。安心・安全を提供する田中自動車としては、こういった悩みは尽きません。なので、まずはホッとしました。

タイヤの状態

 タイヤの状態

一年前お車を外見からパッと見たときから心配していたタイヤのウォール部(タイヤ側面で一番弱い部分)の円周状のヒビ。よくバーストしないでもったというくらいなヒビで1年前より酷くなっている気がしました。これは、お客様からもご用命でタイヤ4本交換があったので迷わず交換させていただきました。

ベルトの状態

 ベルトの状態

一目で分かると思います。ヒビ劣化が凄いです。おそらくこのまま乗り続けたらいつベルトが切れてもおかしくないでしょう。ベルトが切れればオルタネーターからバッテリーが充電されなくなりバッテリー上がりを引き起こし、パワステも利かなくなり、エアコンも利かなくなります。ようするにさまざまなところに弊害がでてくるので、お客様にご相談し交換させていただきました。

エンジンオイル漏れ状態

 エンジンオイル漏れ状態

エンジンフロントオイルシールが劣化し硬くなって収縮しそこの隙間からエンジンオイルが漏れだしている状態です。これでは、車検も通りません。ベルト交換などもあるので作業工賃がお安くなりコストパフォーマンス的にも今が交換時期でオイルレベルゲージにもオイルがほとんど付いてないないくらいなのでエンジン焼き付けの可能性も充分ありえることをしっかりとお客様にご説明させて頂いたところエンジンフロントオイルシールも交換の快諾を頂いたので交換させて頂き、無事オイル漏れを止めることに成功しました。

バッテリーキャリアの状態

 バッテリーキャリアの状態

バッテリーそのものの状態は、充電量も健全性(バッテリーの充電があってもいきなりあがってしまわない確率)もどちらも100パーセントあり完璧な状態だったのですが、そのバッテリーの土台となるバッテリーキャリアが錆付いてガタガタで針金で固定している状態でした。おそらく前回付いていたバッテリー液が噴き出して、バッテリー液は希硫酸を使っているので、鉄を錆びさせ溶かし、この状態になったのだと思われます。勿論車検は通りませんが、この状態で走り続けたらガタでバッテリーから繋がるプラス・マイナスのハーネスを損傷させてしまう恐れがあります。

バッテリーキャリア交換

 バッテリーキャリア交換

新しいバッテリーキャリアに交換しました。交換するにも、錆付いてしまっているボルトの切断やキャリアがフレームに錆びでくっついてしまっているのを切断したりと意外と大変な作業でした。しかし、これでバッテリーが安定しガタがなくなり、プラス・マイナスハーネスの損傷を防ぐことができます。

車検のお見積りはこちら >>

お電話でのお問合せ
0274-52-3361

車検の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!