画像
一般整備入庫事例36 オートマオイル漏れ マツダ プレマシー 埼玉県児玉郡

  • HOME
  • その他
  • 一般整備入庫事例36 オートマオイル漏れ マツダ プレマシー 埼玉県児玉郡

title

マツダ プレマシー 平成19年式 ATF漏れ
埼玉県児玉郡上里町在住 S様

オートマチックトランスミッションの状態

 オートマチックトランスミッションの状態

オートマチックトランスミッション下部からオイルが漏れています。にじみもあり滴下もしています。実は、これは先日お客様がエンジンオイル、エンジンオイルエレメントを交換される際エンジンアンダーカバーを外した時に発見しました。当店は、お客様に安心・安全をお届けすることをモットーとしておりますので、オイル交換時には、必ずエンジンルーム・下回り、タイヤのエア調整・点検も同時にさせていただいています。オートマチックオイルも少し減っていましたし、お客様から最近変速ショックが大きいと話しを聞きました。おそらくオートマチックトランスミションに付いているオイルシールか又はエンジンリヤオイルシールでしょう。これを直すのにはには二つの方法があります。一つは、トランスミッションを脱着し、中の状態を診てオイルシール交換するやり方。もう一つは、ATFを替えそこにATシールコート(オイルシール復活剤)を注入することによってオイルシールを復活させオイル漏れを防ぐやり方。前者のメリットは、新品オイルシールを変えるので完全に漏れが直りますデメリットはトランスミッションを脱着しなければならないのでそれなりにお値段的にかかってしまうということ。後者のメリットとてもお値段的に安いということデメリットは、オイルシールが完全に硬化していたり、取付面から飛び出してしまっていると効果があまりありません。人間でいうなら、手術をするか、投薬治療で様子を見るかといったところです。お客様に実際その漏れた状態をお見せし、お客様にそこをしっかりと説明したうえで、後者をご選択されたので後日入庫して頂き作業をさせていただきました。

ATF交換

 ATF交換

まずは、ATFの量も減っていてかなり汚れていたので交換します。オイルシールがダメになったのもATFのメンテナンスが悪かったのが原因であると考えられます。ATFを抜き取りその量を全自動で注入する機械があり簡単に交換できます。しかし、この場合は、よりATFを綺麗な状態にしたかったのでオートマチックトランスミッションのオイルパンに付いているドレンボルトより下からATF完全に抜き取りました。注入は、勿論機械を使ってやらせて頂きました。ちなみに作業自体は、お待ち頂いている間にできます。

ATF交換2

 ATF交換2

上記で紹介したATF交換専用の機械を使って交換します。このように、ATFのゲージを抜きその穴からホースを差し込み、ATF注入量をセットし注入スタートです。

ATシールコート(オイルシール復活剤)注入

 ATシールコート(オイルシール復活剤)注入

ATFを交換後に、ATシールコートを注入します。これによって約500キロ走行する間にATF内のオイルシールが硬化していたものが柔らかくなり、硬化して縮小していてその隙間から漏れているATFを止めることができます。

オートマチックトランスミション洗浄・清掃

 オートマチックトランスミション洗浄・清掃

約500キロ走って頂いた際に、漏れが止まっているかどうか分かるようにするために、油汚れ専用の洗浄液、パーツクリーナを使って完璧に清掃します。そして、約500キロ走って頂いた際に漏れがなければオイルシールが完全に復活したということになります。


整備のお見積りはこちら >>

無料で整備の概算料金をお伝えします。
0274-52-3361

その他の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!