画像
ワイヤレスキー作成

title

ワイヤレスキー作成

キーシリンダー確認前

 キーシリンダー確認前

簡単に言うとこのキーシリンダーを外して、その側面に書かれているキーナンバーを確認して部品発注するのですが、車御購入時に付いているキープレートがあればこの作業は、この作業はいらなくなるので、ワイヤレスキー・スペアキー作成もお安くなりますので、皆さんもキープレートを失くしてしまわない様にしましょう。

運転席トリム取り外し前

 運転席トリム取り外し前

運転席トリムは、どの車も比較的簡単に技術と知識さえあれば比較的簡単に外れます。ネジの位置、クリップの位置が頭の中に入っていればあっという間の作業です。

運転席トリム外し

 運転席トリム外し

運転席トリムを外し、キーシリンダー外しの準備をします。詳しいことは、一応セキュリティ上お教えしないでおきます。

キーシリンダ脱着

 キーシリンダ脱着

取り外し方は、教えることはできませんが、知識と技術があれば可能です。今は、外さなくてもキーナンバーが確認できるタイプもあるくらいですから。

キーナンバー確認

 キーナンバー確認

キーシリンダーのところに刻印されたメーカーによって違いますが、数字、ローマ字の混ざったキーナンバーを確認して部品発注です。一応セキュリティのため5ケタ中2ケタ隠しましたが、これは車種の特定・キーシリンダーの特定ができなければ、合いカギ作って盗難なんてことは無理です。しかも今の車はイモビライザー(盗難防止システム)などが付いているのでまず無理でしょう。

 ワイヤレスキー作成

ここからは、メーカーの仕事になります。専用書類にキーナンバーと使用者本人の署名を書き込み、車検証コピーと本人確認書類をコピーしたものを送り、初めてワイヤレスキーが作られます。

 登録コード認証作業

作られたワイヤレスキーは、そのままでは使えません。登録コードを車両に認証させなければなりません。そのやり方は、お教えすることはできませんが、ようするにキー(送信側)と車両(受信側)を繋ぐ作業をして初めてワイヤレスキーとして使えるようになります。

その他の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!