画像
一般整備入庫事例31 走行中ウィーンと音がする

  • HOME
  • その他
  • 一般整備入庫事例31 走行中ウィーンと音がする

title

ホンダ ストリーム 平成14年
走行中ウィーンと異音がする
埼玉県児玉郡上里町K様

パワステフルードの飛び散り方

 パワステフルードの飛び散り方

ボンネットの内側にもかなり広い範囲で飛んでいます。この勢いで飛び散るということはかなりの漏れが予想できます。

ベーンポンプの状態

 ベーンポンプの状態

ベーンポンプ全体から漏れているような感じです。おそらくこの状態のまま走り続けると異音だけでなく油圧がかからなくなりパワステが効かなくなります。現象として音とともに徐々に右左折時にハンドルが重くなってきてパワステが効かなってきます。

パワーステアリングフルードの状態

 パワーステアリングフルードの状態

一度ご入庫して頂いた際もパワステフルードをFULLレベルまで足しておいたのに5日間でかなりパワステのフルードが減ってしまいました。

パワステオイル漏れ跡

 パワステオイル漏れ跡

パワステベーンポンプを外すとかなりの量のパワステオイルが漏れていました。の部分の部品はオルタネーターでこのままだとパワステオイルによって壊れる恐れもあったので発見できて良かったです。

新旧パワステアリングベーンポンプの状態

 新旧パワステアリングベーンポンプの状態

特に漏れていたプーリーの部分からでした。お客様がメンテナンスをしっかりしていて、ちゃんと異音に気づいて頂いて良かったです。音は聞こえ方は人それぞれ異音として聞こえずいつもと変わらないと故障を疑わない方もかなり多いのでたすかりました。もっと悪くなる前に気づいてよかったです。やっぱり日頃のメンテナンスと何かいつも乗っている車には何かいつもと違うなと神経を研ぎ澄ませていることが大事ですね。まーあまり神経研ぎ澄ませて車乗っていると疲れちゃいますますからほどほどに、定期的な点検を是非当店にご依頼下さい。

新旧パワステリザーバータンクの比較

 新旧パワステリザーバータンクの比較

旧品は、劣化していて詰まっていう可能性が大です。ベーンポンプだけ交換してもリザーバータンクを交換しなければ最悪リザーバータンクの詰まりがあった場合劣化したパワステオイルの新品ベーンポンプに入り再び壊れてしまったり、そもそもベーンポンプにパワステオイルが送られなくなり油圧が掛からず現象が再発する可能性があります。

パワステベーンポンプ・リザーバータンク交換

 パワステベーンポンプ・リザーバータンク交換

ベーンポンプだけではなくリザーバータンクも交換します。リザーバータンクが詰まりベーンポンプにパワステオイルが送られず油圧がかからなくならないようにするためです。

その他の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!