画像
車検入庫事例70 セフィーロ

  • HOME
  • 車検
  • 車検入庫事例70 セフィーロ

title

神川町 車検 セフィーロの事例

日産 セフィーロ 平成9年式走行距離 170,000キロ
埼玉県児玉郡神川町在住 S様

 日産 セフィーロ 平成9年式
走行距離 170,000キロ
埼玉県児玉郡神川町在住 S様

田中自動車の常連のお客様で、よく車に異常を感じると一般整備でもご入庫して頂き、ゴルフが大好きで『明日ゴルフなんでそれまでに仕上がるか?』と車そのものより大好きなゴルフにいけるかどうかの心配をなさる楽しいお客様です。

エアクリーナーエレメントの状態

 エアクリーナーエレメントの状態

エレメントには、湿式と乾式がありそれぞれにメリット・デメリットがあり、湿式には、オイルが染み込んでおり吸入空気のゴミを乾式に比べしっかりキャッチしてくれるが、エアガン等で清掃出来ない為交換サイクルが短い。それに比べ乾式は、湿式に比べ吸入空気の汚れをキャッチする力は弱いが、エアガン等で清掃ができるので交換サイクルが湿式に比べ長いことです。日産車は、湿式が付いていることが多くかなりよごれていたので交換させて頂きました。

ロアボールジョイントダストブートの状態

 ロアボールジョイントダストブートの状態

ここまでキレイにといっていいのか切れているロアボールジョイントダストブーツも珍しいです。ジョイント部についているグリスも全くなく乾ききっていたので、ロアボールジョイントが折れて脱落し走行不能状態に陥るのも時間の問題だったのかもしれません。即交換させていただきました。

バッテリーの状態

 バッテリーの状態

バッテリーテスターで得たバッテリーの状態を示したバッテリーレポートです。この状態のバッテリーも珍しいです。この状態だと健全性が0パーセントなのでたった今バッテリーが上がってもおかしくない状態です。

エンジンオイルの状態

 エンジンオイルの状態

この方にとっては、珍しいほどかなり汚いエンジンオイルが出てきました。たまたま異常がでなかっただけでこのまま走り続けたらきっと焼きつきを起こしていたでしょう。おそらくエンジンオイルの交換を前回車検からやっていないのだと思われます。たまたま異音がしないのとエンジンオイルプレッシャスイッチのインジケーターが付かなかったことでエンジンオイルの交換を忘れてしまったのでしょう。

エンジンオイル滲み

 エンジンオイル滲み

滴下していないのでエンジンオイルの滲みと判断しました。おそらくエンジンオイルメンテナンス不足によりエンジンリヤオイルシールが硬化し縮少したことによる滲みだと思われます。オイルシール復活添加剤により滲みを解消させました。

車検のお見積りはこちら >>

お電話でのお問合せ
0274-52-3361

車検の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!