画像

  • HOME
  • その他
  • 一般整備入庫事例42 チャージランプ点灯 バッテリーすぐ上がる

トヨタ ランクルプラド 平成9年式
チェージランプ点灯・バッテリーすぐ上がる。
埼玉県児玉郡上里町在住 U様

 チェージランプ点灯確認

ほぼこれで不具合個所が確定できました。走行距離から考えててもオルタネーターの故障でしょう。走行中にエンジンが止まってしまうということと、あまりにも低すぎるバッテリー電圧、300,000万キロにして一度もオルタネーターを交換していないもう間違いないです。断定してもいいと思います。次の車検での代替えを考えているというので、リビルト品のオルタネーターで対応しました。

 バッテリー充電

幸い標準バッテリだったので通常のバッテリー充電機を使いバッテリーの比重、電圧を除徐に上昇させてあげます。

 問題のあるオルタネーター

パット見目で見ただけでは、まずは、リビルト品などで外して送り返さなければなりません。

 問題のあるオルタネーター2

一体どこにもんだいがあったんだろうか。分解してみてみれば恐らくわかるのですが、リビルト品は異常部品を返品する約束になっているので分解するとダメなのです。う~気になる。

 リビルト品装着・バッテリー充電完了

チャージランプ消灯、走行テスト問題なし、バッテリ電圧正常作業完了です。

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0274-52-3361
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!