画像
一般整備入庫事例37 エンジン掛からない・止まってしまう

  • HOME
  • その他
  • 一般整備入庫事例37 エンジン掛からない・止まってしまう

title

スズキ エヴリィ 平成8年式 
エンジンが掛からない・止まってしまう
埼玉県児玉郡神川町在住 K様

エンジンルームの状態

 エンジンルームの状態

かなり汚れています。しかも、今時珍しいキャブレター車。おそらくエンジンの掛り方・止まり方、走行テストからこの状態からの目視での点検から見てキャブレター自体の汚れ、メインジェット(燃料を噴射する部品)が汚れによって詰まってしまっていることが原因だと思われます。山奥でかなり酷使しているお車なのでどうしても適度のメンテナンスがされていないとこんな状態になってしまいます。

キャブレータ―脱着・点検・洗浄・清掃

 キャブレータ―脱着・点検・洗浄・清掃

まずアクセル・ペダルとスロットル・バルブはワイヤーで連動しているので、アクセルを踏んでスロットル・バルブが開かれるとノズルの部分に吸入空気の流れができ、燃料が吸いだされます。キャブレータ中央部のスロットルバルブが通常、銀色をしていなければならないのですが、真っ黒になって汚れています。しかもその汚れでバルブが固着しかけていてしっかりとバルブが開閉出来ず空気がうまく取り入れられない為スロットルバルブ手前にあるスロー・ポート (空気を吸い込む役目する穴)及びアイドル・ポート(ガソリンが噴霧されることでアイドリングを行う役目をする穴)に掛かる負圧が少なくならずアイドリングすらままならない状況にあります。メーン・ノズルから燃料が供給されない状態にあります。スロー系統が一番詰まり易くやはり詰まっていたので、針を使い貫通させました。

キャブレター洗浄・清掃

 キャブレター洗浄・清掃

メインエアジェットポート(混合気を作りメインジェットから噴射させる部屋)をキャブクリーナー・パーツクリーナーで洗浄・清掃しバルブの動きも正常になりました。やはりメインジェットが詰まっていたので、キャブクリーナー、パーツクリーナーでの洗浄をし針を使いメインジェット(この写真でいうと中央部金色)を貫通させました。詰まった状態だと空気が上手く吸入出来ず尚且つガソリンとうまく混じりあい最適な混合気が噴射できません。

エアクリーナーエレメント交換

 エアクリーナーエレメント交換

エアクリーナーエレメントもかなり汚れていて、目詰まりを起こしていました。目詰まりを起こしているということは、キャブレターに最適な量の空気が送り込まれないということです。即交換させて頂きました。

フューエルフィルターの状態

 フューエルフィルターの状態

このケースの中にフィルターが入っていて燃料であるガソリンの汚れ(燃料タンクそのもの汚れによってガソリンが噴射されるガソリンが汚れている可能性も有)を濾過ことによってキレイにし噴射できる状態にするのですが、ケースからみてもここまで汚れていると中身は相当汚れて目詰まりをしているか、燃料を濾過出来る状態にないのかもしれません。目詰まりでエンジンが掛かり走行する分の燃料がキャブレタ―までいかないのかまたは、汚れたガソリンを濾過出来ずにそのままキャブレターに送り込んでしまっているのかどちらかでしょう。即交換しました。

整備完了

 整備完了

以上の作業(キャブレータ清掃・エアクリーナーエレメント交換・フュ-エルフィルター交換、スパークプラグもかなり汚れて湿気っていたので交換によって)、エンジンを掛ける・走行するのに最適な混合気がキャブレータ―によって作られ、噴射されることによって整備完了です。

その他の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!