画像
6ヶ月点検・12ヶ月点検

title

6ヶ月法定点検・12ヶ月法定点検

車検期間は通常(新車の場合を除く)貨物なら1年、乗用車なら2年あります。それでは、車は車検が来るまでの間何もしなくていいのでしょうか。車は、多くの部品から出来ています。部品によっては、期間、走行距離、走行状態、劣化状態によって交換しなければならないものもあります。その交換を怠ると、走行に支障をきたしたり、故障範囲が広がってしまい簡単な部品交換で済んだものが、金額も時間もかかってしまうことがあります。そんなことにならない為にも国で定められた貨物なら6ヶ月法定点検、乗用車なら12ヶ月法定点検をお勧めします。

 車検期間は通常(新車の場合を除く)貨物なら1年、乗用車なら2年あります。それでは、車は車検が来るまでの間何もしなくていいのでしょうか。車は、多くの部品から出来ています。部品によっては、期間、走行距離、走行状態、劣化状態によって交換しなければならないものもあります。その交換を怠ると、走行に支障をきたしたり、故障範囲が広がってしまい簡単な部品交換で済んだものが、金額も時間もかかってしまうことがあります。そんなことにならない為にも国で定められた貨物なら6ヶ月法定点検、乗用車なら12ヶ月法定点検をお勧めします。

6ヶ月法定点検・12ヶ月法定点検の主な点検項目

ブレーキ関係●ブレーキのきき具合●ブレーキペダルの踏みしろ(遊び・踏み込んだ時の床板とのすき間)●パーキングブレーキのきき具合 ●パーキングブレーキレバーの引きしろ●ブレーキドラムとライニングとのすき間(ドラムブレーキのみ) ●ライニングの摩耗 ●ブレーキディスクとパットとのすき間(ディスクブレーキのみ) ●パットの摩耗 操作関係●クラッチペダルの踏みしろ(遊び・切れた時の床板とのすき間) エンジン関係●パワーステアリングベルトの張り具合 ●ファンベルトの状態 ●ホース・パイプの状態●エアクリーナー・エレメントの状態 ●マスターシリンダ・ホイールシリンダ等の液漏れ●プロペラシャフトの取り付け状態 ●冷却水の漏れ 下回り関係●エンジンオイルの漏れ ●トランスミッションオイルの量・漏れ マフラー関係●排気ガスの状態 ●マフラーの状態 タイヤ関係●タイヤの異常な摩耗 ●ホイールの取付け状態 電気系統関係●スパークプラグの状態 ●点火時期 ●ディストリビューターのキャップ●バッテリーターミナル部の状態

 
ブレーキ関係
●ブレーキのきき具合
●ブレーキペダルの踏みしろ(遊び・踏み込んだ時の床板とのすき間)
●パーキングブレーキのきき具合 ●パーキングブレーキレバーの引きしろ
●ブレーキドラムとライニングとのすき間(ドラムブレーキのみ) ●ライニングの摩耗
●ブレーキディスクとパットとのすき間(ディスクブレーキのみ) ●パットの摩耗
操作関係
●クラッチペダルの踏みしろ(遊び・切れた時の床板とのすき間)
エンジン関係
●パワーステアリングベルトの張り具合 ●ファンベルトの状態 ●ホース・パイプの状態
●エアクリーナー・エレメントの状態 ●マスターシリンダ・ホイールシリンダ等の液漏れ
●プロペラシャフトの取り付け状態 ●冷却水の漏れ
下回り関係
●エンジンオイルの漏れ ●トランスミッションオイルの量・漏れ
マフラー関係
●排気ガスの状態 ●マフラーの状態
タイヤ関係
●タイヤの異常な摩耗 ●ホイールの取付け状態
電気系統関係
●スパークプラグの状態 ●点火時期 ●ディストリビューターのキャップ
●バッテリーターミナル部の状態

その他の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!