画像
一般整備入庫事例29 エンジンオイル漏れ4 ホンダ ストリーム 埼玉県児玉郡

  • HOME
  • その他
  • 一般整備入庫事例29 エンジンオイル漏れ4 ホンダ ストリーム 埼玉県児玉郡

title

ホンダ ストリーム 平成14年式 カムシャフトオイルシール交換
埼玉県児玉郡神川町在住 T様

エンジンオイル漏れの状態1 

 エンジンオイル漏れの状態1 

お客様からのご用命は、オイル交換だったのですが、オイルゲージについたオイル量を見ても怪しいと思っていたのですが、リフトアップしてみるとエンジン前部からかなりの量のオイルが漏れていました。ただこれだけでは推定はできてもどこから漏れているのか確定はできません。エンジンオイルが漏れている先を辿って、ひたすら部品を外していきます。

エンジンオイル漏れの状態2

 エンジンオイル漏れの状態2

一日置いただけでこれだけのオイルが漏れるのですから早急の整備が必要です。もうだましだまし乗れるエンジンオイル漏れの量ではありません。

エンジンマウント取り外し

 エンジンマウント取り外し

比較的ホンダ車は、エンジンルームが狭くサービスホールを作るために一つの部品を交換する為に色々な部品を外します。その中のエンジンを支えている4つあるエンジンマウントのなかの1つです。

エンジンマウントを外した際の処置

 エンジンマウントを外した際の処置

エンジンが傾き他のエンジンマウントに負荷がかかるり、損傷させえてしまう恐れがあるので、車体をリフトアップした状態でエンジンのオイルパンに木片を噛ませジャッキアップします。

オイル漏れの原因をつきとめる為に外した部品の数々

 オイル漏れの原因をつきとめる為に外した部品の数々

エアクリナーダクト、エアクリーナー、シリンダーヘッドカバー、ファンベルト、パワステベルト、パワステベーンポンプ、オルタネーター、エアコンコンプレッサー・タイミングカ バー上部・下部、エンジンマウント、クランクプーリー、タイミングベルト、タイミングベルトテンショナー、カムシャフトギアなどなどです。

オイル漏れ原因判明

 オイル漏れ原因判明

カムシャフトとそれを押さえておく部品の間にあるオイルシールが面一でなければならないのに完全に飛び出していました。

カムシャフトオイルシールの状態

 カムシャフトオイルシールの状態

旧品の方があきらかに新品より小さく内側のカムシャフトに触れる部分にスラッジがたまっていました。また、オイルシールはゴム部品ですからある程度の柔らかさがなくてはいけないのですがプラスチックのように硬くなっていました。この原因は経年劣化もありますが、ほぼオイルメンテナンスの悪さにあると言っていいでしょう。

カムシャフトオイルシール交換

 カムシャフトオイルシール交換

オイルシールの正常な位置はこれです。オイル漏れも止まるでしょう。ここまでくるのにたくさんの部品を外しました。お客様の了解を得てコストパフォーマンス的にも予防整備としてオイルメンテナンスの悪さでダメになる部品(クランクシャフトフロントオイルシール・シリンダーヘッドカバーガスケット)距離的に見ての消耗部品・劣化している部品(タイミングベルト・ファンベルト・パワステベルト)も交換させていただきました。

完成

 完成

こんなにエンジンルームがつまっているんです。ですから、オイル漏れと一概にいってもどこから漏れているのか他車と比べたらなかなか判断しにくいんです。一時は、オイルがなくなってそのままだとエンジン焼き付きかと思われたこの車もオイル漏れが直ってすっかり調子が良くなって一安心です。





整備のお見積りはこちら >>

無料で整備の概算料金をお伝えします。
0274-52-3361

その他の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!