画像
一般整備入庫事例35 エンジンルームより異音 マツダ プレマシー 埼玉県児玉郡

  • HOME
  • その他
  • 一般整備入庫事例35 エンジンルームより異音 マツダ プレマシー 埼玉県児玉郡

title

マツダ プレマシー ベルト早期劣化・異音
埼玉県児玉郡神川町在住 N様

ベルト関係部品の状態

 ベルト関係部品の状態

この写真で見るとベルトテンショナのプーリーが通常黒いものが、茶色くサビが付いてます。この車のベルトテンショナのプーリーはプラスチックで出来ているため正常な状態ならばサビが付くことはありません。では、どうしてこんな状になってしまっているのでしょうか、それは、その斜め下についているウォーターポンプのプ―リーを見て頂くとわかります。通常黒くなければならないウォーターポンプのプ―リーが銀色になっています。これはウォーターポンプのプ―リー錆びつき削れているのです。ですからその錆びた鉄粉がテンショナのプーリーに付着し、ベルトテンショナが異常をきたし、回転時に異音が発生し、ウォーターポンプのプ―リーは、錆びつき削れ段差が出来ベルトが早期に劣化しています。

新旧ベルトテンショナ比較

 新旧ベルトテンショナ比較

新品と旧品を比べて見るとやはり旧品はプーリー部分が茶色くサビが付着し、回転させると抵抗があってシューシュー音がします。それに比べて新品は、プーリーを回転させると抵抗もなくスムーズに回転し音もでません。これが明らかに異音の原因であることは明白です。

ベルトテンショナプーリー部分の状態

 ベルトテンショナプーリー部分の状態

ベルトテンショナープリーのアップ写真です。おそらくベルトテンショナーのプ―リーだけでなく内部にまで錆びの粉が入り込んでしまっているのでしょう。これでは、異音どころではなく本来の働き(ベルトを張る)こともままならずベルト鳴きをおこすことも考えられるでしょう。

ウォーターポンププーリーの状態

 ウォーターポンププーリーの状態

ウォーターポンププーリーのアップの写真です。本来の黒い部分がすり減ってしまい段差が出来ているのが見て取れます。これがベルトに非常に悪くベルト表面を削りベルトの早期劣化を進めます。尚且つ、削れているということは、ウォーターポンププーリーの直径も小さくなっているわけですから、同時にベルトテンショナが異常をきたしていると、ベルトの張りも弱くなりベルト鳴きにも繋がるのです。

ウォーターポンププーリーの比較

 ウォーターポンププーリーの比較

新旧部品を並べてみれば一目瞭然です。新品は黒、旧品は銀色に削れています。これだけ削れるということは相当な錆び方をして削れていったのでしょう。エンジンルームのベルト周辺部品もかなり茶色くなっていました。今のところ他の部品(ベルトテンショナ、ファンベルト、エアコンベルト以外)に問題は発生していませんでしたが、これからがちょっと心配ですね。オルタネーターなどは、特に。でもご安心をお客様には当店がついてます。予防の為にすべての異常部品を外した後にスチーム洗浄をしてエアで清掃しておきました。

新旧ファンベルト比較

 新旧ファンベルト比較

ベルトの新品・旧品を比べて見るともう明らかですよね。新品は、黒く、旧品は茶色くなっています。これは、ウォーターポンププーリーで削れたサビが付着していることが原因です。それと、ひび割れを起こしているのは、テンショナで張られている特有のベルトがウォーターポンプのプーリーなどでは、ベルト表面で回転し、クランクシャフトプーリー、ベルトテンショナなどでは、裏面で回転するためベルトに負担が掛かり起こる現象です。

エアコンベルトの状態

 エアコンベルトの状態

エアコンのベルトも見てみると茶色く表面が剥離していました。これもウォーターポンププーリーが削れてサビが付着しエアコンプレッサープーリーもしくは、クランクシャフトプーリーにも削りカスが付着しベルトの表面を剥離させたのでしょう。

ウォーターポンププーリー・ベルトテンショナ交換

 ウォーターポンププーリー・ベルトテンショナ交換

以上の原因によりウォーターポンププ―リーとベルトテンショナを交換しました。ウォーターポンププーリーは個別で出せないと部品業者から言われましたが、当店は数社と取引をしているのでその点は問題なくウォーターポンププーリーを個別出し出来る業者に発注し、お客様の整備代を少しでも減らすことができました。

ベルト取り付け

 ベルト取り付け

このように、工具によってテンショナのボルトを軸にして回すと、テンショナプーリがベルトを緩める方向に動かし(写真だと左側)新品のベルトテンショナ、クランクシャフトプーリー、オルタネータープーリーにベルトを掛け、新品のウォーターポンププーリーにベルトを滑り込ませる方法でベルトを掛けて、最後にエアコンベルトを専用工具で掛けて走行テストをして作業終了です。


整備のお見積りはこちら >>

無料で整備の概算料金をお伝えします。
0274-52-3361

その他の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!