画像

  • HOME
  • その他
  • 一般整備入庫事例27 坂道登らない

三菱 キャンター 平成14年式
坂道登らない
埼玉県児玉郡神川町在住S様

 三点ダンプ

この車は、三点ダンプと言って木材などを運ぶ車両です。

 マニュアルトランスミッション

この中にクラッチ本体が入っています。

 サービスホールの確保

前後プロペラシャフト、PTOドライブシャフト、マフラー、センターブレーキなどを外しトランスミッション脱着の作業性をあげます。

 クレーンを使用

三点ダンプのミッションはかなりの重量があります。クレーンを使います。

 トランスミッション脱着

トランスミッションについてる部品、ボルト、配線などを外しサービスホールを確保して、慎重にトランスミッション車両から外し浮かせた状態にします。

 クラッチディスク写真1

かなり破損状態が酷くディスクがすり減って薄くなっているのが分かります。

 クラッチディスク写真2

エンジンからの動力を伝えるためにエンジンからフライホイール→クラッチカバー→ プレッシャープレート → クラッチディスク→ クラッチシャフト(トランスミッションインプットシャフト)」 → …【タイヤ】
のようにクラッチペダルを踏んだり離したりしながらプレッシャープレートとクラッチディスクの摩擦を利用して行っています。そのため、クラッチディスクは、摩耗します。半クラッチの多様や車両重量が重かったり、クラッチの接続が荒かったりするとより摩耗は早くなります。

 クラッチディスク・クラッチカバー・レリーズベアリング

一般的な乗用車は、クラッチディスク、レリーズベアリングの交換で十分ですが、この車両のように酷使してものに関しては、クラッチカバーも交換します。

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0274-52-3361
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!